独占アフィリエイトに関する質問が増えてきた。

独占アフィリエイトとは

最近、独占アフィリエイトに関するメルマガでの質問やコメント欄からのお問い合わせが増えてきました。

「独占アフィリを教えてくれる教材はありますか?」

という質問が結構あるのですが、残念ながらそのような教材は用意していません。

数万円くらいに値段を設定して教材でも作っておけば購入してくれる方が結構いるのかもしれませんけど(笑)、教材を作成する手間暇を考えるとちょっとそこまではできないかなーというのがあります。

でも、希望者が多ければ真剣に考えようと思いますので、メルマガに返信する形でもこの記事のコメント欄に入力する形でも構いませんので、教えて頂けると嬉しいです。

独占アフィリエイトは通常のサイトアフィリの先にあるもの

そもそも「独占アフィリエイト」って名前をつけていますけど、僕は独占アフィリエイトは通常のサイトアフィエイトの先にあるものだと捉えています。

独占アフィリエイトの手法はA8ネットとかアフィリエイトBなどの一般的なASPを通さずに商品を販売してあげる手法ですから、「集客代行」や「販売代行」を行っていると考えて良いわけです。

ですから、普通のサイトアフィリで実績を出せていない人が独占アフィリエイトができるわけがありませんし、逆に言えば企業が実績のない人に「この商品を売って下さい」と依頼する事は稀だという事です。

だから、まずは通常のサイトアフィリエイトで結果を出せるようになることが先決なのです。

その上で知っておくべき事としてですが、独占アフィリエイトにはライバルがいないジャンルやキーワードを攻めていけばブルーオーシャンで販売ができるという大きなメリットがあります。

また、例えば通常のアフィリエイトではライバルがうじゃうじゃいるようなジャンルでも、独占アフィリエイトであればコツをつかめば商標で販売する事も可能になってきます。すべてはどういう売り方をするか次第、なんですけどね。

まあこの辺の話はアフィリエイトを実際にやっていない方にはよくわからないと思います。

例えば僕はある女性向けの健康食品を独占的にアフィリエイトしています(集客を代行している)けど、このジャンルもA8ネットなどにも類似商品がたくさんあって、アフィリエイトでは激戦ジャンルと呼ばれています。

ですが、このような激戦ジャンルでもうまくやればライバル不在でこっそりと大きな売上につなげられるのです。

例えば物販の場合、通常のアフィリエイトでは1件成約させて3000円のアフィリエイト報酬を貰えるという感じの形態が通常ですし、たくさん売れるようになって初めて特別単価の交渉をして、単価を2倍~10倍くらいに設定して貰えますよね?

ですが、独占アフィリエイトでは最初から高単価で交渉する事が可能ですし、そこは全てクライアントとの打ち合わせ次第なのです。

クライアントと打合せをした際に、商品の原価や広告費などをじっくりヒアリングすれば「あ~、それならこれくらい単価報酬を貰ってもOKかな?」という感じでクライアントに攻め込む事ができるからです(笑)

え?独占アフィリって企業と会ったり打合せが必要なの?

これまた頂く質問で多いのは、どうやってクライアントを獲得するのかというものです。

独占アフィリエイトはクライアントがいない事には始まりませんから、集客や販売の代行をしてあげる企業(商品)を見つける必要があるのですが、結論から言うと、クライアントと会わなくても独占アフィリエイトをする事は可能です。

例えばあなたが北海道に住んでいて、あなたが扱いたい商品を販売しているクライアント企業が都内の企業だった場合、わざわざ都内まで足を運ぶのは大変でしょう。

ですから、そのような場合は電話やスカイプ、メールなどでやり取りを済ませれば良いんです。

でも、お互いの距離がそこまでないのであれば、実際にクライアント企業の社長なり担当者と会って、直接打合せをする方が良いでしょう。なぜなら、その方がメリットがあるからという単純な理由でです。

ちなみに、僕はクライアントに会いました。

クライアント企業にタダで商品を貰う事ができますし、実際に会って話をした方が信頼もして貰いやすく、特別単価も出して貰いやすくなりますからね。

顧客はどういう方がメインターゲット層で、顧客単価はどれくらいで・・・などと、信頼して貰わないと教えて貰えないような事も、実際に顔をつきあわせた方が教えて貰いやすくなるのは事実です。会ってみないと絶対に知りえないような情報が絶対に出てくるものです。

クライアント獲得の方法はメールを1通おくるだけ

クライアントを獲得するにはメールを送るだけでOKです。

「メールなんかでクライアントが取れるのか?」と驚かれますが、ちゃんとクライアントの気持ちになっていくつかのポイントを押さえてメールすれば、返信が返ってきて、とんとん拍子でクライアントを獲得できます。

クライアントが獲得できればあとは通常のサイトアフィリエイトと同じようにサイトを作って、商品を売っていく仕組みを構築すれば良いのです。

「商品が売れた時の計測方法はどうしているのですか?」というご質問も最近は結構頂くのですが、それにはいくつかの方法があります。

ただし、独占アフィリエイトの仕組み上、クライアントがウソの売上報告をしてくるという事はあまり考えにくいですし、先方からの報告に違和感を感じたり、仮にウソの報告をされていた事が発覚した際は、その商品の独占アフィリエイトを辞めれば良いだけの話です。

商品が売れなくなって損をするのはクライアント側ですし、こちらとしては違う新しい商品を販売すれば良いわけで、クライアントはまたメールを出せばすぐに見つかるので、実はそこはたいして心配する所ではないのです。

結局は商品を売るためには「売れるサイト」を作れる事が大前提なのですが、それさえできるようになれば、あとは売る商品なんて世の中に無限と言って良いほど存在しますから、収入を得るのに困る事はないのです。

その商品の選び方が、従来はライバルの多い一般的なアフィリエイト手法を行うのか、それとも自分の商品を作るのかという2択だったのですが、そこに僕が「独占アフィリエイト」という、いわばこの両者の中間のような手法を提唱しているだけの話です。

なんら、変わった事はやっていません。

アフィリエイトで行き詰っている方は是非参考にしてみて下さい。